ダイワ(DAIWA) シーバスロッド 21シーバスハンターXR スピニングモデル

2021年レディースファッション福袋 PreSounus 24c【オーディオインターフェース】 ioSTATION DTM/DAW

BTS bt21 サウンドバー モニター ライト CHIMMY チミー
—————————————————————————-

吉宗 パチンコ スロット パチスロ 大判 小判

ULTRA-ACT エースキラー
脚本:高橋正圀
演出:藤井ごう
出演:吉村 直、藤井美恵子、藤木久美子、高安美子 他
————————————————————————-
(195回例会)
【Pinky&Dianne】ウールショートコート 38 アンゴラ
会場:町田市民ホール

2021年レディースファッション福袋 PreSounus 24c【オーディオインターフェース】 ioSTATION DTM/DAW

PreSounus ioSTATION 24c【オーディオインターフェース】

A679 掛軸 大徳寺 長谷川寛州 『唱起太平歌』 共箱 『真作』 肉筆 鶏画賛

【源右衛門】古伊万里の伝統 舘林源右衛門作 染付唐草濃 酒器揃い。
H276 LILY BROWN レース切替オールインワン
二つ目は、展覧会。どんなに混んでいる展覧会でも連れていってくれました。
そして、三つめは映画。父は無類の映画好きでした。
満州生まれの父は、少年の頃、日本人専用の映画館で観たキートンの喜劇が大好きで、学校でキートンの物真似をして級友に大いにウケたということです。近所に住んでいた中国人の女の子がうらやましそうにしているのをほうっておけず、級友の女子に制服を借りてその子に着せ、日本人専用の映画館に連れていったりもした。大人になってからも、いやなことがあればすぐ映画館に行き、仕事をさぼって映画を見て、家にいてごろごろしているときもテレビで映画。映画を見ない日はほとんどない、というほど、映画を愛する人でした。私が初めて映画体験をしたのは、山田洋次監督の「男はつらいよ」。当時、小学二年生だった私を「映画に行こう」と誘い、国分寺の松竹へ行きました。父とふたりの初デート。あのときの劇場の熱気と興奮を忘れることはできません。本を読む喜びも、美術館へ行く楽しさも、映画を通して幾多の人生を追体験することも、ドラマ作りの面白さも、ぜんぶ、父に入り口を作ってもらいました。私は、家族に迷惑をかける父を憎らしく思いながら、なぜかいつも父のことを考えると涙があふれてくる。ずっと、そうでした。父は、結局、なんだかんだとやかく言われつつも家族に愛され、その心根を神様に愛された人生を送ったのではないかと思います。父と映画のことをどうしても物語に残したくて、十年まえ、父をモデルに「キネマの神様」を書きました。父は、読んで一言、「なんだお前は、何もかもぜんぶ書きやがって…恥ずかしくって知り合いに読ませられないじゃないか」とぶつぶつ。そのくせ、友人知人にせっせと薦めていたといいます。父は、一昨年、天国の住人になりました。このたびの舞台化を誰よりも喜んでいるのは、きっと父です。キネマの神様と一緒に、劇場のどこかで、舞台を見守ってくれているはずです。

★値下げしました★Johnstonsカシミヤ100%マフラー

今回ばかりはいくら考えてもすんなり一言にならないのだ。何故なんだろう?そんなに複雑な物語かというとそうではない。むしろ単純といってもいいくらいのストレートな物語である。主人公のゴウちゃんは、御年79才、ギャンブル依存症で多額の借金を作り家族に迷惑をかけ続けているんだが、ただのダメ親父ではない。ギャンブルと同じ位映画が好きで、観た映画をすべて感想ノートにつづる几帳面さも持ち合わせた愛すべき爺さんなのだ。そのゴウちゃんがいたずらのように仕掛けたある事が、あちこちに波紋を呼び、意表を衝く展開が続き、スケールは地球規模に広がって、ついには奇跡が起こるという夢のような楽しい物語なのである。ここまで書いて、一言で言えない訳がようやくわかった。常に変容し続ける物語、小さくまとまる話ではないのだ。仕事は楽しく、終るのが惜しいと思ったのも久々だった。ひとつ心配は上演時間である。この物語の重要な要素のひとつにメールでの応酬がある。舞台ではそれをナレーションでやるわけだが、眼で文章を追うスピードと得る情報量は、耳でのそれよりも何倍も何十倍もすごい。だからメールを短くしなければ芝居が長くなってしまうのだ。これだけは辛い作業だったが、カットにカットを重ね、今の状態にたどりついた。でも、まだ長いかもしれない。経験上、ページ数で大まかな時間は判断できるものだが、それは「そうね」とか「ええ」なんて台詞も一行として数えた場合だ。メールは、上から下までびっしり文字がつまって、しかも何行も続くのだから今までの経験は目安にならない。映画の場合はそれほどでもないが、演劇で三時間と聞くと抵抗感を持つ人が多い。ぼくもその一人で、何とか二時間半におさまるように、キネマの神様に祈っている毎日である。

◆ 演出の戯言
「想像力×創造力×〇〇〇」++  (演出:藤井ごう)

16865 ハートのブローチ